池の川幼稚園ホームページ > 子育て支援

子育て支援


2歳児からの親子のんびりクラブ




急に活発になって、目が離せない!」


「この頃ちっともいうことを
         きかなくなって、大変!」


「ダダばかりこねて、どう扱って
          いいかわからない」

等、2歳児を持つお母さんの悩みは尽きません。



2歳児は、まさしく「だだこね期」といわれ、親御さんにとっては大変な時期。でも子どもにとっては、「自立期」なのです。

 

「ジブンデ」「イヤ!」「モット!」・・という自立への願いを、丁寧にうけとめ、大人の温かい支えの中で、2歳児らしさをおおいに発揮させてあげたいと願って取り組んでおります。

 

子どもの目線に立ちながら、「親子で楽しく遊ぶ」ことを基本に、


    ★子どもと共に遊んだり


    ★お母さん同士(*育児休暇中のお父さんもいますよ)お話に花を咲かせたり

    ★子ども同士遊んだり、ふれあったり

    ★スタッフとあるいは親同士で悩みを分かち合ったり・・・・しております。

  こうした中で、保護者の方の子育てへの肩の荷が軽くなり
  子育てが より楽しくなればと願っております。
  子どももワイワイ、大人もワイワイとのんびりとたのしい時間を創りましょう



■募集要項   

対象児 満2歳〜2016(平成28)年4月1日生までの就園前のお子さん
定員 10組の親子
実施曜日 月曜日クラス、金曜日クラスに分かれて実施します
(期間は8月を省く5月〜3月です)
午前9時30分〜11時30分
場所 池の川幼稚園内
会費 月額3,000円(教材費・おやつ代・保険料込み)
募集受付日 2018年2月1日(木)から定員になり次第、締め切らせて頂きます。
お問い合わせ お電話にてお願いいたします。園にいらして頂いても受付致します。
TEL 0294-35-6872(土日を除く9〜16時迄)






のんびりクラブでの活動の様子は園長だよりでもお知らせしています。






満3歳児 たいよう組

 
満3歳保育は、国の基準に基づき施行されているところですが、池の川幼稚園としては、お子さまの体力や心情等を考えまして、無理のないカリキュラムで満3歳体験入園として、2004年度より実施しております。これまでの実績をふまえて、今年度も引き続き下記の要綱で実施します。
※ただし、U期(9月)からの開始となります。

※満3歳児体験入園の為、幼稚園に入園して頂くことが前提となります。








入園対象年齢
および入園期日
2015年(平成27)年4月2日生〜2016年(平成28年)4月1日生のお子さんに限らせていただきます。
※満3歳体験入園は、お誕生日の翌月からの入園となります。
   (例:10月誕生日の方は、11月から登園になります)
登園曜日および保育時間 2018年9月から2019年3月まで (8月を除く)
毎週 火・水・木曜日 午前9時〜11時30分
(行事等で多少の変更はあります)
保育料 月額 \10,000 (教材費・おやつ代・保険料込み)
募集定員

10名
(応募したお子さんの月齢によっては、多少定員枠を増やします)

募集受付日 2018年3月1日(木)から定員になり次第締め切らせて頂きます。
お問い合わせ お電話にてお願いいたします。
TEL 0294-35-6872(土日を除く9〜16時迄)


ざっくばらんの会


 
     茨城キリスト教大学講師                     

        元池の川幼稚園教諭 
      


    飛田 隆 先生


在園児や卒園児の保護者を対象に、学期に1〜2回、お茶を飲みながら、子どものこと、幼稚園や学校のこと、自分のこと・・・等、ざっくばらんにおしゃべりしあって(聞くだけでも大丈夫!)、ホッとする時間を持ちませんか?


過去にあった質問等
☆ゲームとの付き合い方
☆兄弟喧嘩について
☆お小遣いについて
☆お友達との関係
☆お店に行った時「これ欲しいー」と騒ぐ時は!?
☆子どもの食の好き嫌い
☆いじわるといじめについて


お母様の声
◎的確に優しくアドバイスをして下さるので、「やってみよう!」「そういう対応してみよう!」と思えます。
◎色々なお母さんの質問と飛田先生のアドバイスが自分にもとても役に立ち本当にありがたい会です。
◎本当に温和な先生で、お会いできてその空間にいるだけでもいいと思います。
◎とにかく素晴らしい先生!ざっくばらん に来ると分かります。

◎買い物の時「これ買ってと騒ぐ・・・」  「物が欲しいのではなく両親の愛情が欲しい」「兄弟がいれば1対1の時間を作るようにしてあげて」とアドバイスを頂き日々心にとめてできるだけ改善していきました。最近では本当に騒がなくなり、私も前よりもっと子供の事を考えたり愛情を注いだりできていると実感しています。アドバイスを下さった飛田先生のお陰です。

◎「習い事を嫌がるが途中で辞めさせると子供が投げ出す性格にるのでは・・・お友達と一緒に習い始めたから辞めずらい・・・」という質問をして「お母さんもダイエット、や習い事、ずっと続いている人どれだけおられますか。子供に嫌がる事を続けさせてると お母さんに言っても無駄 と、だんだんお母さんに言う事をやめ、子供の心が心配です。 どうしても嫌ならその嫌な理由を子供に聞いて、一緒に考えて、話し合って、辞める決断も必要。辞めた事で 将来投げ出す性格になる という事はありません。 自分の事を一生懸命考えてくれるんだ と子供は思います。 また半年や何年後かに同じ習い事をしたい と言った時には「自分から辞めるって言ったのに何言ってるの」と言わずに また始めるのもいいと思います。お友達の体裁よりも自分の子供の心を見つめてあげて下さい」とおっしゃって頂き、家族会議をひらいて 絶対にやめさせたくないという主人とも話し合いをし、習い事をやめる事にしました。 お友達と遊ぶ時間も増え、家族との会話も増えて なにより子供の表情が明るくなり、以前より何でも話をしてくれるようになりました。 親の思い込みで子供の心を見失わずに本当に良かったです。