池の川幼稚園ホームページ > 先輩ママの声より「池の川幼稚園のこんなところが好き」

 

池の川幼稚園の「こんなところが好き!」

どんなところが池の川幼稚園の魅力なのか、幼稚園に子どもを通わせた経験のある保護者の方へ
座談会形式で 聞いてみました。
「どんな幼稚園なのかな?」と気になっている方、是非参考にしてみてください。



なんと言っても、まず子供の気持ちを重視してくれるってことじゃない!?
クラスや学年で集まって 遊ぶだけじゃなくて、例えば、虫が好きな子を集めて 虫取りに行ったり、見たい子はマジックを見せてもらったり・・・と見たい子 やりたい子『子供が自分で考えて決める』 っていう事を大事にしてくれている。
うん、強制的に見させたりやらせたりしないで、子供の気持ちを尊重してくれるところがいいよね。


行事一つ一つに工夫があるのもいいよね。運動会、クリスマス会なども親に見せるためのものではなく子供達自身が楽しんで参加するための内容になってる。ある意味、親からの評判を気にしていないというか、常に子供にとって何が大切かを優先するという強いポリシーを感じる。
そう、その時その時の子供の気持ちをきちんと受け止めてくれるって言うのかな、子どもが何かに集中しているときは、大人の都合でさえぎらずにとことんやらせてくれるんだよね。以前、母の日のプレゼント作りをしたときに、お昼の時間になったけど、午前中から作り続けていた作品に熱が入り、どうしてもやめたくなかったら、出来上がるまで作り続けさせてくれたことがあって、子供が作品を持って帰ってきたときに嬉しそうに報告してくれたってことがあったよ!
9月のお泊り保育の時も、2日間、目一杯子供がわくわくするような仕掛けを沢山考えてくれてたんだよ。(忍者から巻物の手紙が届いたりとか!)なんでそこまでしてくれるんだろうと思うくらい。子供と何か新しい遊びを考えるのが楽しくてしょうがないんだと思う。




とにかく楽しそう! 子供の笑い声が大きく響いている。
幼稚園見学に来たときに、遊んでる子供達の目が輝いて見えて、ここだ!って思ったよ。




園内が秘密基地のようになっているのも面白いよね。
女の子同士も、時には集まって女の子らしい遊びをするときもあれば、男の子と一緒に遊ぶ時もある。かたまり過ぎない感じでいい。
女の子らしいと言えば、プレイルームにあるドレス、あれ人気あるんだよね!しょっちゅう誰かが着てて、お姫様ごっこやってるのを見かけるわ!
そうそう、ちゃんと女の子らしいこともやってるんだよね。池の川ってワンパクってイメージがあるから、入園前は女の子もみんな走り回ったり、戦いごっことかばっかりかも?って思っていたけど、おままごとだけじゃなくって本当にお料理したり、糸と針を使ってマスコット作ってきたこともあったわ。ビーズのネックレスとかもよく作ってくるし。



園長先生が素敵だなぁと思った。入園前、見学に来た時、保育に対する考え方や教育方針を語ってくれたのはここの園長先生だけだった。実際入園して、園長先生に触れてみたら、優しくて、子供にも親にも他の先生にも、社会全体にまで思いやりを持っているような先生だったわ。
園庭で、園長先生が採れたあんずやら栗やらたけのこやらで、おもむろに煮炊きをはじめたりするのが面白い。しかも薪を使って。それにあわせて一人一人が手伝ってみたり、味見しにきてみたり、様子を伺ってみたり、少しずつ関わり方を自分で試しながら経験していけるところがいい。皆で○○をしましょう、と“やらされ”るのとは全く違う。
他の先生もすぐに辞めたりしないし、よく勉強してるし、いいよね。知ってる?20代30代40代50代って各年代の先生がいるんだよ。男の先生、おばあちゃん先生もいるし。アットホームな雰囲気もあって年少さんも安心して先生を頼ってるみたい。
そういえばうちの子が卒園してから、心配なことがあって、幼稚園の時の担任の先生に相談したら、すごく親身になって話ししてくれたのよ。その後たまたま幼稚園に連れて行ったら、それとなく声をかけて元気づけてくれたり・・・いつまでも教え子のことを大事に思ってくれてるんだなって、嬉しかったんだ〜。




だめと言わずになんでもやらせてくれるし、危なそうなところは見ていて本当に危ないときは、ちゃんと説明してやめさせてくれるんだよね。
喧嘩もすぐにはとめないで、子供に解決をうながしてくれるよね。子供同士で“じゃあこうしたら仲直りできるんじゃないの?”と仲裁しあったりしているのを見てすごいな、と思ったわ。
もめごとなんかもきちんと報告してくれるよね。後日談まで報告してくれて、成長の過程を一緒に楽しんでくれてるって感じ。小学校に行ったら先生はそこまで踏み込んでくれないから、先生が見守ってくれているうちにぶつかったり仲直りしたりを繰り返して、成長してくれてよかったと思った。
そう、子供一人一人を見つめていて、それぞれの伸びる力を発揮させてくれるんだよね。
あまり、お行儀やらなにやらしつけがましいことを、先生が言わないので、奔放な子になっちゃったらどうしようと不安だったけど、話を聞く時も、“聞きなさい”と怒られるから聞くのではなく、自分の意思でちゃんと聞こう、と思うようになってくるから不思議。