池の川幼稚園ホームページ > ごあいさつ

ごあいさつ


園長 副島 由美子


 池の川幼稚園は、神社の森に抱かれた小さな幼稚園です。1964年の開園以来『どの子にも、ともだちと自然な生活を・・・』を保育理念とし、『こどもたちのひとりひとりがかけがえのないその子ども時代を、こどもらしく生き生きと生活することを通して、人間として育つ根っこを、確かなものに育てたい。』と願って、日々保育をしております。そして、『どの子にも・・・』という理念ですので、障害や、発達に遅れがあるお子さんも、あたりまえに受け入れて、こどもどうし・こどもと大人どうし・大人どうしが、共に育ちあってまいりました。こうした育ち合いの中で、私たち保育者は、たくさんのことを学ばせて頂きました。今ある、子ども主体の保育形態とそのカリキュラムは、こうした学びから生まれて来たものです。
年長さんと年中さんが一緒のクラスで共に暮らす異年齢混合保育(縦割り保育)や、今、盛んにいわれているT・T(ティームティーチング・複数担任制)は、1973年から実践し、その実績を重ねてきています。どんなに時代が変わろうと、人間を育てるという営みは人間にしか出来ません。
おさなごにたっぷりと人間愛をそそぎつつ、ゆっくりと流れるこども時間の中で、五感(視、聴、臭、味、触)と豊かな感情を育み、人間らしく生きる根っこを育てたいと願っております。